ノイズキャンセリングイヤホンの圧迫感の正体は?

ノイズキャンセリングイヤホンの圧迫感の正体は? ぶっちゃけレビュー

スマホで音楽を聴く時に、ノイズキャンセリング 機能があったらいいなぁと思いませんか?日常的に使う電車やバスの中、たまに飛行機で旅行する時には、「この騒音なんとなかならない?」と思いますよね。また最近では、外出自粛要請のために家で仕事をしている人も多いかもしれませんが、仕事中に後ろで子供が騒いでいると集中できなくて苦労しますよね。

こんな時に役立つのが、ノイズキャンセリングイヤホンです。でも、ノイズキャンセリングイヤホンは圧迫感を感じるという話をたまに聞きます。これってどんなことなのでしょうか?

この記事では、ノイズキャンセリングイヤホンで感じる圧迫感とはどんなものなのかということについて説明してゆきます。またノイズキャンセリングイヤホンは、どんな場面で使えるのかということについても説明します。私は3年以上BoseノイズキャンセリングイヤホンQuietComfort 20を使ってきていますので、その事例でお話を進めて行きます。

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ブラック

ノイズキャンセリングイヤホンで感じる圧迫感とは何かを考えてみた

ノイズキャンセリングイヤホンで感じる圧迫感とは何かを考えてみた

ノイズキャンセリングイヤホンというのは、イヤホンで音楽を聴いている時に外の音を遮断してより音楽に集中できる環境を作ってくれます。そのため、外が騒がしい時にとても重宝する製品です。

私が使っているBoseノイズキャンセリングイヤホンQuietComfort 20の場合は、外の雑音に対してそれと反対の波を持つ音を出すことにより、雑音を打ち消すという技術を使っています。まあ、こんなことはどうでもいいですね。

このようにノイズキャンセリングイヤホンは、外の音を打ち消してくれるので、よりクリアな音楽を楽しむことができます。一方で、人によってはスイッチを入れた時に圧迫感を感じるという人もいるようです。おkの圧迫感の正体は何でしょうか?

私も毎日ノイズキャンセリングイヤホンを使っていますが、確かにスイッチを入れた途端、世界が変わることを実感します。いわば、外の世界から遮断された本当の静寂を味わっている、という感覚です。そう、私なりにこの圧迫感を表現するならば「静寂」なのです。

ノイズキャンセリングイヤホンで静寂を楽しむ

ノイズキャンセリングイヤホンで静寂を楽しむ

さてこの静寂、どんな感覚なのでしょうか。文章でお伝えするのはとても難しいので感覚的な話で恐縮ですが、まとめると以下のような感じです。

  • とにかく静か
  • 周りから遮断された感覚

「とにかく静か」というのはそのまんまですが、本当に外の音が聞こえなくなります。静かです。音楽に集中するぞ、という気持ちになります。そのため、外で使う場合は車の音なども聞こえなくなるので注意してくださいね。

「周りから遮断された感覚」というのは、スイッチを入れた途端に感じます。目には外のものが映るのに、耳には聞こえないという不思議な感覚です。一人だけ別世界にいるような感じがします。

イヤホンはもともと一人で音楽を楽しむのが大きな目的ですので、静かな中で一人で音楽を楽しめるということはなんと贅沢なことだろうと私は思ってしまいます。ノイズキャンセリングイヤホンというのは、これを見事に実現してくれていると言えます。静寂を楽しむという感じです。

ただし、この静寂を人によっては圧迫感として捉えてしまうのかもしれません。これは人の好みによっても違ってくるのだろうと思います。

ちなみにBoseノイズキャンセリングイヤホンQuietComfort 20の場合は、ノイズキャンセリングのスイッチを入れる時に「ブチッ」という音がします。この音は確かに圧迫感を覚えます。結構耳に響きますので、大きな音が嫌いな人は耳に装着する前にノイズキャンセリングのスイッチを入れることをおすすめします。これ、私の経験上の話です。

ノイズキャンセリングイヤホンはどんな場面で使えるか

ノイズキャンセリングイヤホンはどんな場面で使えるか

それでは、ノイズキャンセリングイヤホンはどんな時に使ったらいいのかをお話ししましょう。私が考える場面は、以下の3つのシチュエーションです。

  1. 日常使う電車やバスの中
  2. 出張や旅行などで使う飛行機の中
  3. 集中して仕事や勉強をしたい時

日常使う電車やバスの中

電車やバスに乗っていると、車輪やエンジンの音がとても気になりますね。そんな時にノイズキャンセリングイヤホンは力を発揮します。「静寂」の世界に入り込むことができますので、自分の好きな音楽をいい環境で聴くことができます。

電車やバスで使うことには、もう一つメリットがあります。それは、ボリュームを大きくしなくても音楽が聴こえるということです。電車やバスの中ではついボリュームを上げてしまいがちですが、ノイズキャンセリングイヤホンであれば外の音をかなりシャットアウトできますので、比較的小さなボリュームでも音楽を聴けます。

出張や旅行などで使う飛行機の中

これもとてもおすすめの使い方です。出張や旅行で飛行機に乗ると、あの「ゴー」というエンジン音はどうすることもできません。特に海外へ行く時は長旅になりますので、リラックスしたいですよね。でもエンジン音に邪魔されてなかなか音楽を楽しめないという人も多いと思います。

こんな時、ノイズキャンセリングイヤホンは使えますよ。BoseノイズキャンセリングイヤホンQuietComfort 20を使っていると、飛行機に乗っていることすら忘れるくらいです。(ちょっと大げさですが・・・)

最近では、ファーストクラスやビジネスクラスに乗るとノイズキャンセリングイヤホンを貸し出してくれるサービスがありますが、いつもこんないい席に座れるわけじゃないですよね。やはりノイズキャンセリングイヤホンを持っているとGoodです。

集中して仕事や勉強をしたい時

実は、音楽を聴く以外にもノイズキャンセリングイヤホンは使えます。「静寂」の世界に入るわけですから、集中して仕事や勉強をしたい時に使うといいでしょう。音楽を聴かなくても、ノイズキャンセリングのスイッチをオンにするだけでいいのです。

自宅でテレワークをしている時や、図書館で集中して勉強したいという時がいいかもしれませんね。

まとめ

それでは話をまとめましょう。今回は、ノイズキャンセリングイヤホンで感じる圧迫感とはどんなものなのかということ、ノイズキャンセリングイヤホンはどんな場面で使えるのかということについてお話ししました。

ノイズキャンセリングイヤホンで感じる圧迫感は、私の意見では「静寂」そのものだということをお伝えしました。ただしこれは私個人の見解ですので、人によってはこの「静寂」を圧迫感として捉えるかもしれません。

そしてもう一つ、ノイズキャンセリングイヤホンを使える場面を3つ説明しました。人によって状況が異なりますので、それぞれのライフスタイルに沿った使い方ができるのがいいと思います。

今回の説明したBoseノイズキャンセリングイヤホンQuietComfort 20の詳細は、以下のリンクからご覧ください。

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices ノイズキャンセリングイヤホン ブラック
人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました