初心者向けデジタル一眼レフ講座 夕焼けの撮影

夕焼けの撮影 一眼レフ講座

初心者向けデジタル一眼レフ講座の第1回は、夕焼けの撮影方法について書きます。

夕焼け写真の醍醐味は、何と言っても空の色や表情の変化ですね。真っ青な空が、だんだん赤く染まってゆき、黄金色になる。そのあと紫色のマジックアワーが現れて、最後は暗くなってゆく。

タイミングを逃さない

黄金色に輝く空

夕焼け写真の撮影で一番大事なことは、タイミングを逃さないということです。冒頭で話した通り、空の色や表情は刻々と変化していきますので、恐れずにどんどんシャッターを押すということが大切です。デジタルですから、フィルム代もかかりませんしね。今いいなぁ、と思っている空は1分後には無くなってしまいます。これ、と思った時がシャッターチャンスです。

上の写真は、空が黄金色に輝き始めた時間帯です。オレンジと青の残像の組み合わせがいいですねぇ。建物などは黒く写っていますが、気にする必要はありません。これはシルエットとして、写真にアクセントを与えてくれます。そもそも逆光なのですから、被写体は黒く写るのです。はい。

広角で撮影する

夕焼けの写真

夕焼けは空を撮影しますので、広角レンズで撮影してください。またレンズ編でお話ししますが、広角レンズとは焦点距離が短いレンズのことで、画角が広くなります。つまり空全体を写すことができるのです。

真っ赤な夕焼け

空が真っ赤になったら、シャッターチャンス到来です。上のような写真が撮れるとワクワクしますね。真っ赤な雲と青い残照、そして龍の頭のような形をした黒い雲。最高のタイミングで撮れたショットです。

皆さん、勘違いすることが多いですが、夕焼けというのは雲が焼けるのです。空は青いので間違いのないように。また、太陽が沈むのと反対方向、つまり東側の空も赤くなることがあります。西ばかり向いていないで、ちょっと振りかえってみてください。何か、人生のようですねぇ。

マジックアワーを捕らえる

マジックアワー

太陽が沈んだ後も油断してはいけません。これから大空のショーが始まるのです。そう、マジックアワーの始まりです。日没後しばらくすると、今度は空が紫色に変わってきます。このタイミングも逃さないように、しっかりと空を見ていましょう。ちょっと疲れますけどね。

マジックアワー

上の写真もまだマジックアワーと言えますが、そろそろ夕焼け写真は終わりにして、夜景の撮影に入った方がいいかもしれませんね。川に写っているのが、オレンジではなく電気の光に変わったからです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました